スーパーボウルの広告費、30秒4億1千万円

JANUARY 28, 2014

今週日曜日、アメリカではNFLの決勝、スーパボウル(Super Bowl)がニュージャージー州のメットライフスタジアムで行われます。毎年凄いのがテレビCMの豪華さとその宣伝費。今年は30秒枠400万ドル(約4億1千万円)だそうです。なぜそんなに高いのでしょうか?


アメリカの四大プロスポーツの中で、アメリカ人に最も人気があるのがアメリカンフットボール。そのプロリーグNFLの決勝、スーパーボウルが今週日曜日にニューヨーク郊外で行われます。決勝はデンバー・ブロンコス対シアトル・シーホークス。毎年この時期になると話題になるのが、スーパーボウルのテレビCM。広告枠の金額は今年は30秒で400万ドル。おそらく世界のテレビCMで最も高い広告枠でしょう。しかもこれには制作費は含まれておりません。30秒間流してもらうだけで4億円以上するのです。そのため広告を出す企業はスーパーボウル専用のテレビCMを制作するところがほとんどです。それが実際の放映前からYouTubeなどでプレビューされて話題になるのです。でも何故そんなに高額なのでしょうか?


NFLは全米で最も人気のあるプロスポーツです。日本ではメジャーリーグ(MLB)は有名ですが、こちらでは視聴率、興行収入、球団の時価総額、全てにおいてNFLがMLBを上廻っております。しかもNFLのシーズンゲームは年間たったの16試合です。MLBが160試合以上あることを考えると、1試合がいかに貴重で盛り上がるか想像できます。そしてプレーオフは1試合先勝。決勝のスーパーボウルも1試合のみで決着がつきます。そのため、全米中のファンがこの最後の1試合に釘付けになるのです。


昨今、若者のテレビ離れがアメリカでも言われています。日本でもテレビを見なくなったり、後で録画してCMを削除したものを見る人もかなり多くなりました。アメリカのテレビ局も日本同様、広告収入の落ち込みやDVRに悩まされる中、スポーツ中継はここに来て一層見直されております。なぜならスポーツ中継は基本的に録画で見る視聴者が少なく、ましてやスーパーボウル級のゲームになると生でCMとともに観戦する人が圧倒的に多いのです。こういったスポーツ中継の「新鮮さ」が功を奏して、実際MLBは毎年視聴率が低下する中、広告主が付きやすいので放映権料は逆に高騰しています。


ここ数年、スーパーボウルの視聴者数は1億人を超えています。視聴率では40%以上。そうです、「半沢直樹」級の視聴率です。アメリカでは視聴率は日本以上に分散しているので、40%というのは驚異的な数字です。しかもみんな録画ではなく生でCM付きで見る。となれば30秒、4億円以上という広告費もうなずけます。


ちなみにどんな企業が広告主になるのでしょうか?毎年常連で最も広告枠を買うのはバドワイザーのビールで有名なアンハイザーブッシュ社。今年は計3分30秒の枠を購入したそうです。枠だけで30億円近い出費です。それでもスポーツ観戦にビールは欠かせません。出費に見合うリターンがあるのでしょう。また今年はコカコーラが戻ってくるようです。そして新しい広告主としてはH&M。ベッカム氏を起用した30秒CMを1本流すようです。日本企業からはトヨタ自動車が60秒のCMを1本流すみたいです。


Related Posts

黒田博樹投手に学ぶ

最近、ヤンキースの黒田博樹投手が書いた本、「決めて断つ」を読みました。近年多くの日本人選手が挑戦するメジャーリーグですが、長年に渡って活躍できる選手はほんの一握り。黒田投手はその一人ですが、今回本を読んでその成功の理由が垣間見れたような気がします。同じアメリカで働く者として大変勉強になりました。

アメリカの地方分権

日本でも日本維新の会やみんなの党が掲げる地方分権。意思決定や予算などを地方に任せることですが、アメリカでは建国以来、各州が力を持っていて、合衆国と言われるくらい州の集合体が国になっただけあって、地方分権も進んでします。今日は身近なアメリカの地方分権を紹介。

ウォーレンバフェット名言集

投資の神様、オマハの賢人、ウォーレンバフェット氏の名言をオリジナルの英語、そして自分なりの日本語訳、解釈付きで集めてみました。ネット社会になり投機的、短期的に儲けようとする人が多くなる時代だからこそ、彼の言動は今なお一層、見直されているのかもしれません。