黒田博樹投手に学ぶ

2013年7月14日

最近、ヤンキースの黒田博樹投手が書いた本、「決めて断つ」を読みました。近年多くの日本人選手が挑戦するメジャーリーグですが、長年に渡って活躍できる選手はほんの一握り。黒田投手はその一人ですが、今回本を読んでその成功の理由が垣間見れたような気がします。同じアメリカで働く者として大変勉強になりました。

Book

自分は帰国すると真っ先に本屋に行くのが楽しみなのですが、ここ数年日本に帰国していないので、新書を知ったり読む機会はほとんど皆無でした。それでも今回は黒田投手の本を是非読んでみたいと思い、取り寄せさせてもらい拝見しました。本の出版をどこで知ったのかは忘れましたが、黒田投手のメジャーに対する心構えを知り、尊敬の念を抱いたのは日本経済新聞社のネットで読んだ記事が始まりでした。

自分は15年アメリカで生活していますが、野茂投手に始まり、イチロー選手がアメリカに来た時も覚えていますし、その後、多くの日本人選手が海を渡りメジャーで挑戦してきたのを見てきました。その多くが日本では実力、名声ともにスター選手でしたが、メジャーで長きに渡って一線で活躍し続けられる選手はその中でもほんの一握りというほどメジャーは厳しい世界。高校時代は補欠だった黒田投手が、なぜドジャースで活躍でき、今ではヤンキースに欠かせない先発ローテーションを担うことができているのでしょうか?多くの日本人スター選手が数年で息切れする中、なぜ黒田投手は飛躍し続けられるのでしょうか?

今回本を読ませて頂いて、いくつかの理由が自分なりに見つけられたと思います。異国への順応性、絶えることのない向上心と努力、でも自分が一番感銘を受けたのが、黒田投手の謙虚さでした。ドジャースやヤンキースのユニフォームを着て何億円も給料をもらえば、多少自惚れるのが人の性。いつしか周りの意見にも耳を傾けなくなり、うまく行かなければ他のせいにする。メジャーのやり方は俺のやり方とは違うと周りに文句を当たり散らしているうちに、いつしか自分を見失う。自分が黒田投手の立場だったら、絶対にそんな循環に陥っていると思います。

アメリカで謙虚?と思う方は多いと思います。こちらでは誰もが自己主張が強く、ものを率直に口にし、全体主義よりも個人主義、みんなある意味虚勢を張って生きている感があるかもしれません。現に自分がアメリカ社会でやっていけるのも、日本人にしてはズバズバ率直にものを言うし、自己主張が強い点があります。それでも15年住んで気づき始めたことは、アメリカで成功している人は謙虚な人が多いということです。これは野球選手や日本人に限りません。ビジネスの世界でも人種に限らず、成功している人は至って謙虚です。ここ数年それを特に感じるようになりました。

アメリカで企業のCEOとかリーダーと聞くと、トップダウンで人を束ね、率いる力がある人と思うかもしれません。日本のように和を以て貴し的なチームワークは皆無と想像するでしょう。もちろん虚勢を張ってトップダウンでリーダーシップを発揮する人はアメリカにはたくさんいます。でも多くは長く続かず、どこかで行き止まります。「あぁ、あの人やっぱりまだあのポジションなんだ」とか、「あっ、また転職したんだ」という人は結構知っています。謙虚さに欠ける人はショートカットをしたり、自分の非を認めず改めることもなく、他人に厳しく自分に甘いです。周りのことや長期的なことよりも、手っ取り早く自分の点を稼ぐことしか視野にありません。時には周りの大切な人を踏み台にすることも厭いません。大学時代も社会に出てからもそういう人を見てきました。これは日本でもアメリカでも同じだと思います。そして悲しいのが、そういう人たちの多くが実は初めはトントン拍子で世渡りが上手くいくのです。狡することに長けていて、要領がいいので世間に認められるのも早い訳です。それでもどこかで必ず行き詰まります。

アメリカで本当に成功している人は思いやりのある人が多いです。自己主張をするだけでなく、他人の意見にも耳を傾け、公平に個々を敬い、チーム内で調和をとろうとする。怒って脅してリードするのではなく、チアリーダー的な存在で個々の素質を見いだし、それを上手に引き出す。チームの成功に人一倍努力して貢献しても、驕らず手柄をみんなと分かち合う。アメリカでも成功している人はそんな謙虚な人です。身近に成功している人もそういう人が多いし、ウォーレン・バフェット氏やジャック・ウェルチ氏のような著名なリーダーもそういった資質を最も重要視すると言っています。

メジャーでプレーできるくらいの選手になれば、個々の才能や実力は本当に近差なんだと思います。違いはむしろ精神面が大きく左右するような気がします。アメリカの成功者に見られる同じ謙虚さを、今回黒田投手の本を読むことで感じました。自分の成功に驕ることなく、常に回りに切磋琢磨できる人を目標とし、どんな立場の人も敬うその謙虚さこそが黒田投手が長年に渡ってメジャーで成功している最大の原動力だと思います。イチロー選手や松井秀喜選手、松坂投手やダルビッシュ投手に比べたら、決してメディアでの取り上げも賑やかではありませんが、自分は黒田投手がメジャーでプレーする日本人で一番尊敬する選手です。